審査でも落ちてしまう理由

始めてカードローンに申し込んだのに審査に落ちてしまった、という場合考えられる理由は2つあります。

 

まず1つめは、職業が安定せず転職を繰り返していたり、収入も不安定だったりした場合、2つめはそれまで全くローンやクレジットカードに申し込んだことがなく、個人の信用情報に何の記録もない場合です。

 

カードローンに申し込むことの出来る条件は、勤続1年以上でかつ安定した収入が見込めることです。ですが、実際は勤続年数に関してはたとえ勤続1年未満でも正社員などの職業身分であれば、審査に大きく影響することは少ないと言われています。しかし、社員ではなくフリーターなど収入が不安定であった場合は、信用度が下がり審査に通りづらくなってしまいます。

 

そして、今まで全くローンなどに申し込んだ事がないという人も、同様に審査に通りにくいとされています。カードローンに申し込むと、保証会社が個人信用情報機関で信用情報を参照して審査しますが、この信用情報が真っ白な状態だと、他の書類などから審査に必要な情報を集めなくてはならない為、審査項目が増えて審査をより困難なものにしてしまう為です。

 

カードローンに申し込む前に事前にキャッシュカードなどを作っておき、信用情報に記録されるようにしておくと比較的審査にも通りやすくなります。

 

このあたりのカードローンの審査や手続きの進め方は、基本情報とも言えます。どこで借りるにも共通する部分となりますので、銀行から借りる専業主婦カードローンであるとしても、知っておくと良いでしょう。